牧之原で人気の霊園を5つピックアップ!心安らぐ霊園で安心の納骨を。

霊園申し込みの手続きや流れ

 

これから牧之原にある霊園に申し込みをしようとしている人もいるでしょう。
しかし、霊園の申し込みの手続きや流れを知っている人は少ないはず。

ですから、ここでは申し込みの手続きや流れはどうなっているのかを紹介します。

 

 

手続きや流れは公営と民営によって異なる!

霊園と一言に言っても、地方自治体が運営している公営霊園と民間企業が運営している民営霊園の2つがあり
それぞれ手続きや流れは異なります
それでは全体の流れを公営霊園の場合と、民営霊園の場合に分けて見ていきましょう。

 

公営霊園

①募集情報をチェックする
自分がお住いのエリアにある自治体の公式サイトや窓口などに行って、募集情報についてチェックしましょう。
毎年数回、決まった時期に募集されます。

②申し込みを行う
また募集情報が出たら申し込み用紙が配布される日時や場所をチェックします。
そして、申し込み用紙を手に入れたら自分が資格要件をクリアしているかしっかり確認したうえで必要事項を入力しましょう。
それが終わったら締切り前に提出をします。

③抽選と資格審査
もし応募した人が定員より多かった場合は抽選が行われます。
そして、その抽選に当選したら資格審査があるので住民票や戸籍謄本などの必要書類を提出します。

④永代使用料(土地代)・管理料を振り込む
審査をパスしたあと、指定された日時と口座に永代使用料(土地代)・管理料を振り込みましょう。

⑤使用承諾(許可)書が発行
永代使用料(土地代)・管理料の入金を確認した後に、使用承諾(許可)書が発行されます。
これは無くさないように大事に保管しておくことが大切です。

⑥お墓を建てよう!
使用承諾(許可)書が手元に届いたら、お墓を建てることができます。
石材店と打ち合わせを行い希望に合うお墓を選びましょう。

 

公営霊園の申し込みの際の注意点は?

まず、公営霊園は一年中申し込みをすることができるというわけではありません
年に数回、募集期間があるのでそれを逃すと申し込むことはできないのです。
このように申し込みの時期が限定されていることに気をつけましょう。

また、近年では公営霊園は地方自治体が運営していて安心感があるということで人気が高まっており募集が集中する場合が多いです。
そのため抽選になるということも珍しくなく、中には何年も抽選にはずれ続けているという方も。
ですから応募したら必ずお墓を購入できるわけではないという事を覚えておきましょう。

さらに、公営霊園はお墓の位置を指定できない場合が多いです。
そのためお墓の場所が木陰にあり日当たりが悪いなど希望通りのお墓を建てられない可能性もあるので注意が必要です。

 

民営霊園

①お墓の位置を決めて仮予約を行う
まず事前に霊園内を見学したうえで、自分が気に入った場所が見つかったら仮予約を行います。
その後は、本当にこの場所でいいのかをじっくり検討します。

②本予約を行う
検討して納得したなら、霊園所定の申し込み用紙に必要事項を記入して本予約を行いましょう。
その際、住民票や戸籍謄本などの必要書類は忘れずに用意することが大切です。

③永代使用料(土地代)・管理料を振り込む
本予約をしてから原則1週間以内に、永代使用料(土地代)・管理料の合計金額を金融機関から霊園指定の口座へ振り込みを行いましょう。

④墓所使用承認証が発行
入金確認後、墓地使用許可証が発行されます。
これは無くさないように大事に保管しておきましょう。

⑤お墓を建てよう!
墓地使用許可証発行後、お墓の工事を行います。
指定された石材店と入念な打ち合わせを行いぴったりなお墓を建てましょう。

 

民営霊園の申し込みの際の注意点は?

多くの民間霊園では「指定石材店」の中から墓石作りを依頼するところを決めます。
お墓は半永久的に長きにわたって利用するものなので、信頼や実績がある石材店を選ぶことが大切です。

また民営霊園は公営霊園と比べて若干費用が高めになる傾向があります。
なので、申し込みをする前にどの程度費用がかかるのか確認をすることが大切です。
家計に無理をしないように心がけましょう。

 

霊園選びは慎重に

お墓を購入することは一生に一度の買い物になるはずです。
いざ、必要となった時のために霊園の申し込みに関する知識を身につけておくときっと役立つのではないでしょうか。

サイト内検索
ランキング
富士見霊苑(ふじみれいえん)
シーサイドメモリアル
葉梨の里霊園(はなしのさとれいえん)
空の庭苑(そらのていえん)
焼津霊園(やいづれいえん)
記事一覧