牧之原で人気の霊園を5つピックアップ!心安らぐ霊園で安心の納骨を。

牧之原市界隈の霊園を選ぶ4つのポイント

霊園を選ぶときのポイント4つ

 

 

牧之原市で霊園を選ぶ時は費用とアクセスを重視しておくのがオススメです。
他には永代供養を希望するなら永代供養墓があるかどうか、霊園の経営元が民営か公営かを見ておくのもポイントです。

 

 

 

ポイント1・予算をしっかりと決めよう

霊園というのは人生で何度も選定するようなサービスではなく、一般的には人生で1度か2度くらいでしょう。
人生で初めての霊園選びでは「いくらの費用が掛かるのか?」が最大の疑問点となります。
まず、霊園の相場はピンキリであることを覚えておいてください。
飛行機に乗る時にエコノミークラスやファーストクラスなどグレードがあるように、霊園に関しても同じ霊園内において様々なグレードがあります。
このグレードというのは基本的に「区画=お墓の面積」で決まるので、広いスペースを希望するほど費用が高くなります。
また、霊園を利用するのは無料ではなく、賃貸を借りるようにお墓のスペースを借りることになります。
その賃貸料を永代使用料と呼び、これはお墓を所有するかどうかに関わらず必ず発生する費用です。
牧之原市界隈の霊園では、最低グレードにおいて永代使用料が10万円前後~40万円ほどです。
これは全国的な相場と変わらないので、特に高くもなく安くもなく至って普通な相場です。
殆どの方は費用を重視して霊園を選ぶと思いますが、まずはしっかりと予算を組んでください。
高望みするほどピンキリで費用が掛かるので、どのくらいの費用までなら出せるのかを明確にしておく方が良いです。

ポイント2・お墓参りを想定しておこう

意外と見落としがちなのがアクセスです。
霊園にご遺体を埋葬したら、お盆の季節などにお墓参りを行うと思います。
やっぱり、自宅から通いやすい立地で霊園を選んでおく方がお墓参りは楽になります。
駐車場の有無などを確認して、アクセスも考慮しておきましょう。

ポイント3・永代供養も永代使用料の相場は変わらない

一般的に永代供養は安いと言われますが、永代供養を希望する場合もお墓を所有する事に比べて「永代使用料」の相場はそれほど変わりません。
永代供養の場合、初期コスト10万円~40万円ほどで埋葬することができ、その後は年間管理費用が無料なら一切費用が掛かりません。
お墓を購入する場合、初期コストは10万円~40万円にプラスして墓石の費用が数十万円かかります。
さらに年間管理費用が必要となるので、総額で100万円ほどが目安となります。
このように墓石の素材費や年間管理費用に差が出てくるため、総コストを抑えたい場合は永代供養が最適となります。

ポイント4・公営の方が安心?

霊園を運営している媒体は「民営」と「公営」に分けることができますが、霊園サービスの違いは特にありません。
イメージ的には公営の方が市区町村が管理運営していることからも安心しやすいと言えますが、霊園というのは法に沿って運営されており、各市区町村の許可がなければ開園できません。
その観点からいうと、許可を得ている霊園ならどこを選んでも安心できると言えますね。
また、一般的なサービスは民営よりも公営の方が値段が安いケースが多いですが、霊園に関しては費用に差がありません。
公営の霊園も相場は10万円~40万円ほどであり、こちらも区画によって費用が変わってきます。
公営のメリットは最寄りの市区町村へ問い合わせをすると、公営の霊園を教えてもらうことができることです。
自分で霊園を探すことが難しい場合は最寄りの役所へ相談をしてみてください。
オプションからハイグレードな霊園を選びたい場合は公営よりも民営の方がサービスが充実している為、こだわりがある方ほど民営の霊園が向いています。

サイト内検索
ランキング
富士見霊苑(ふじみれいえん)
シーサイドメモリアル
葉梨の里霊園(はなしのさとれいえん)
空の庭苑(そらのていえん)
焼津霊園(やいづれいえん)
記事一覧