牧之原で人気の霊園を5つピックアップ!心安らぐ霊園で安心の納骨を。

霊園の清掃や管理は管理会社でどの程度行なってくれる?

 

霊園の清掃や管理のうち、管理会社が行ってくれるのは「共用部分」のみです。

基本的に、自分たちのお墓の敷地内は個人で管理することになります。

詳しくみていきましょう。

 

 

■霊園の管理会社が管理してくれるのは共有スペースのみ!

お墓を購入する際には、どのような種類の霊園であれ、「管理費」を一年分や数年分、まとめて支払うことになります。

「管理」という名前がついていることから、自分達のお墓の清掃といった管理をしてもらえるのではないかと誤解しがちですが、この管理費を使用して管理会社が行なってくれるのは「共用部分の管理」や「設備の修繕」のみです。

共用部分とは、たとえば、霊園内のトイレや参道、霊園の利用者がお参りするときに利用する水汲場などです。
水汲み場の水道代金や駐車場の整備なども管理会社が管轄します。

まとめると管理会社が清掃といった管理をしてくれるのは、霊園内において、不特定多数の人が利用する設備や場所であるといえるでしょう。

 

■管理会社が行なってくれない管理

管理会社は、個人的なお墓の敷地内は、管理をしてくれません。
そのため、お墓の管理は個人でしていかなくてはなりません。

管理会社の管轄外の清掃や管理は以下の3つです。

 

◇1.墓石の管理

墓石の管理は個人でしていかなくてはならないことです。
長期間なにもしないでお墓を放置しておくと、墓石は汚れて、シミや傷がいってしまうことがあります。

墓石がきれいな状態に保てるように、定期的に水洗いをし、丁寧に管理するのは個人のすべきことです。

 

◇2.お墓の敷地内の清掃

お墓の敷地内の落葉や雑草の清掃も管理会社の管轄外です。
個人個人が自分のお墓の敷地内の清掃を行うことになります。

また、お墓の敷地に木などを植えている場合、剪定も個人で行います。
植木が伸び放題になると、景観を損ねてしまいますし、隣のお墓の敷地内まで枝や落葉が侵入してしまうこともありえます。
加えて、植木の根が伸びすぎて、墓石や石棚を地下から圧迫し、崩れやひび割れを引き起こしてしまうこともあるようです。

そのようなことを避けるために、定期的に植木の手入れをして、敷地内の見た目を美しく保っていかなくてはなりません。

 

◇3.故人への献花や焼香

墓石や敷地内を管理するだけでなく、お墓に眠る故人を偲び、献花をしたり焼香をしたりするのも、個人個人で行わなくてはならない事柄です。
管理会社が献花をしてくれることはありません。
故人に寂しい思いをさせないためにも、供養をきちんと行うようにしましょう。

以上の3つが個人で行わなくてはならない管理です。
ただし、民営霊園の内、行き届いた管理を売りにしている霊園などは上記の3つをしてくれる場合もあります。

また、公営霊園の中には、管理費が安い代わりに、お墓参りの手桶といった備品を個々人で用意しなくてはならないケースもあります。

どこまで管理をしてもらえるのかが不透明で不安な場合は、一度、霊園に確認をしておけば間違いがないでしょう。

 

■個人の管理を忘れないためには定期的にお墓参りを!

お墓のうち、個人で管理する必要がある場所を、しっかりと丁寧に管理するためには、お墓参りに定期的に行くようにしていれば間違いがありません。

故人の命日や月命日、お盆・お彼岸などには必ずお参りをするように決めておき、きちんと管理をするようにしましょう。

 

■まとめ

霊園へ支払った管理費用で、清掃や維持をして貰えるのは共用部分のみです。

お墓の敷地内の清掃や故人への献花といった個人的な管理は自分達でする必要があります。

故人を偲ぶ気持ちを大切にして、定期的にお墓参りに行き、お墓の敷地内をきちんと管理するようにしましょう。

また、公営と民営の霊園では管理内容の質に差異があることもありますから、霊園にきちんと確認をしておくといいでしょう。

サイト内検索
ランキング
富士見霊苑(ふじみれいえん)
シーサイドメモリアル
葉梨の里霊園(はなしのさとれいえん)
空の庭苑(そらのていえん)
焼津霊園(やいづれいえん)
記事一覧